バストアップを目的としてぽっちゃりしたい時に気を付ける事

バストと体脂肪の関係

近年ではモデル体型を目指してダイエットをする女性が増え、逆に痩せすぎによって健康を害する人も増えてきています。
それは世界中において問題となっており、世界規模で痩せすぎを防ぐためのキャンペーンが行われているほどです。

 

女性はとにかく痩せることに対して敏感になり、痩せれば痩せるほど綺麗になると思い込んでいます。
しかし、男性の中には痩せすぎた女性を好まない人もおり、むしろ少しぽっちゃりとした体型の方が好みという人は多いです。
したがって、必死に痩せて健康を害したり、様々なことを我慢しなくてはならなかったりするよりは、むしろ少しぽっちゃり気味の体型を維持し続ける方が、メリットが大きい場合があります。

 

ぽっちゃりのイメージは男性と女性で異なり、特に女性の体型の基準や目標はモデルのような体型なので、ぽっちゃりは肥満と同様に捉える人が多いです。
しかし、ぽっちゃりは明らかな肥満ではない限り健康な状態ともいえ、男性に好かれることも多くなります。

 

そのため、ぽっちゃり体型を維持する際に気を付けるべきことは、明らかな肥満体にならないようにすることだと言えます。
また、ぽっちゃりになる目的には個人によって様々なことが考えられますが、中にはバストアップを目的とする人もいます。

 

実のところ、ぽっちゃりになれば必ずしもバストアップに繋がるわけではないですが、少し意識を変えることにより、意外と簡単にバストアップを達成しつつぽっちゃりになることは可能です。

 

コツとしては、肥満体になるような食事を避けつつも、3食きっちりと食べるようにし、食材としては女性ホルモンに関わるものを多く食べるようにすると効果的です。

 

たとえば、プエラリアや大豆イソフラボンなどは、女性ホルモンと似たような働きを持ち、乳腺を刺激してバストアップに繋がります。
プエラリアは食事ではなくサプリメントを用いる方が効果的ですが、大豆イソフラボンは様々な食材に含まれているので、意識して摂取すると良いでしょう。

 

もちろん、糖分や脂肪分が高いものや、ジャンクフードばかり食べていると、ただのぽっちゃりになるばかりか、健康を害する可能性もあるので気を付けるようにしましょう。

 

食事以外の生活習慣も大切です。適度な運動を心掛けて筋肉を付けることは、肥満体になることを防いでくれるし、質の良い睡眠は女性ホルモンの分泌を促してくれます。

 

ぽっちゃり体型を目指すのであれば、無理なダイエットをして痩せるよりも遥かに楽で続けやすく、バストアップにも繋がって女性らしい体つきも期待できるので、毎日の食事を基礎として、運動や睡眠などの生活習慣もしっかりと意識するようにしましょう。