3大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)は身体作りの基本

ボディラインに関する3大栄養素について知ろう!

世の中痩せたいと思っている人ばかりではありません。
中には太りたいと思っても太れない人もいて、ダイエットをする人たちと同じように食事面を見直したり生活面を見直したりしています。体質的な問題ももちろん大きいのですが、やはり食事面に問題を抱えていて太れない人もいますので、まずは3大栄養素をしっかりと摂るように心がけなければなりません。

 

炭水化物

3大栄養素の一つである炭水化物は、お米やパン、うどん、パスタなどが該当します。
摂取するとエネルギーの元になり、疲れた体を回復させるような作用も持ちます。
適量なら良い効果をもたらすとされていますが、摂り過ぎると太る要因になりますので、ダイエットをする時には食べ過ぎないようにしなければなりません。

 

炭水化物を摂取すると体内で消化され、ブドウ糖に分解された後は小腸で吸収されて肝臓まで運ばれます。
そのブドウ糖は血液に乗って全身へと運ばれてエネルギー源となるのですが、エネルギーとして活用する際にはインスリンというホルモンが関与していて、血液中の糖分とインスリンの量は比例しています。

 

摂取したエネルギーが筋肉などで使われる際の橋渡しをするようなホルモンなのですが、消費し切れなかった分は肝臓で脂肪やグリコーゲンに変換されて溜め込まれます。
これが肥満へとつながりますので、現在では糖質を制限するようなダイエットが流行っています。
インスリンは糖質を摂取して血糖が上がることでたくさん分泌されるのですが、そうすると今度は急激に血糖値が下がって空腹感を感じるようになり食べるのを我慢できなくなります。

 

これを繰り返しているうちに肥満になってしまいますので、痩せたい時には急激な血糖の上昇を防がなければなりません。
太りたい時は逆に少し多めに炭水化物を食べると良いようです。
エネルギーとして消費されるよりも多くの炭水化物を摂取していれば、余分な分は体に脂肪として溜め込まれていきます。

 

脂質

脂質とは細胞膜を構成したりホルモンの材料になるものであり、体を動かす際のエネルギーの元にもなっています。
脂溶性のビタミンの吸収を助けたり、皮膚を正常に保ったり、血圧を上手くコントロールしたり、筋肉の働きを促す作用を持ちますので、体にとっては重要な栄養素であるといえます。
足りなくなればこれらの働きが失われる可能性がありますので、適度に摂取することを心がけなければなりません。

 

この脂質が太る原因になっているとされており、ダイエットを行う上では敵視されます。
揚げ物を摂り過ぎていたり、スナック菓子などの間食が多い場合には皮下脂肪が溜まりやすくなりますので食べる物の見直しが必要です。

 

皮下脂肪が溜まって太る場合、下半身から太っていくことが多いようです。
このタイプは肉を食べる時でも脂身を避けたりマーガリンをあまり摂らないようにしたり、揚げ物の回数を減らしたりしながらダイエットを行っていきます。

 

魚よりも肉が好きな人に多く、ベーコンやウインナーなどの加工品も多用する傾向にあります。
そのような食習慣が太る原因になっていますので、痩せたい時には少しずつヘルシーな食事に変えていかなければなりません。

 

太りたい時でも、脂質を摂り過ぎるのはあまり良いこととは言えません。
ただし、痩せている人の多くは必要な量も確保できていないことが多いので、適量は摂取するようにしなければなりません。

 

脂っぽいものが苦手な人でも脂身の少ない肉なら食べやすいですし、オイル類でもオリーブオイルのようなものなら食べやすいのでおすすめです。

 

痩せている人に共通して言えるのが、適量に達していないということがあげられます。
何でも適量に達していなければエネルギー不足に陥りますし、体に溜め込まれる分もありませんので太ることは難しくなります。

 

 

タンパク質

太りたい人がもっとも重視すべきなのがタンパク質です。
痩せやすい人は栄養の吸収率があまり良くありませんので、単純に食べる量を増やせば良いというものでもありません。

 

吸収率が高まれば、それほど食べなくても体重を増やすことができますので、いかにして吸収率を高めていくかを考えます。
炭水化物と脂質は体脂肪に変わりますが、このタンパク質は筋肉を増強する際に重要な働きをします。

 

肉類や魚類、卵、牛乳などの多くの食材に含まれている栄養素であり、質の良いタンパク質を摂ることがとても大切なのですが、痩せている人は食が細くてタンパク質の摂取量も少ないケースがしばしば見受けられます。

 

良質のタンパク質を利用することで容易に吸収することができますし、寝ている間に筋肉が作られてしっかりとした体を作ることができます。

 

いくら太ったとしても脂肪たっぷりのぶよぶよとした体では健康面に問題を抱えてしまいますので、筋肉を適度につけて健康的な太り方をしたいところです。
そのためには、良質なタンパク質を積極的に摂取して筋肉の量を少しずつ増やしていく必要があります。